ユーザ登録ショッピングカートの確認お問い合わせ会社案内営業日カレンダー
トップカテゴリ一覧Coast購入後の流れ



USB DAC製作


■ 基盤製作編
■ 部品取り付け編(準備中)
■ PC接続編(準備中)
■ ケース設計編(準備中)



今回はバーブランの『PCM2704』を核にしたPCオーディオ用DACの製作過程です。
電源はバスパワー方式です。
ただ作るだけでは面白くないので、ヘッドホンアンプとしても使えるように設計しました。

今作は基盤製作,部品取り付け,PC接続,ケース設計の4部構成です。
残りの3部は・・・もう少々お待ち下さい・・・


1.基盤製作編


まずは基盤製作編です。

まずはプリント基板のもと。版下をプリントアウトします。
今回は両面基板なので二枚を張り合わせます。
パターン1とパターン2の版下の間にサンハヤトの感光基板を入れます。
感光させ方ですが、私は晴れた日は太陽光に当てます。
この方法はかなり感を要しますので、不慣れな方は専用の露光機をお勧めします。
感光させる前と比較すると緑色が薄くなっているのがわかります。
黄色に変色している部分が必要なパターンです。
サンハヤトの現像剤です。
現像剤を基板をつけて現像させます。
エッチング液に浸します。
裏面もエッチングを行います。
両面基板をエッチングする時は液の中に基板が沈没させない様に注意します。
余分な銅拍が溶けて、初めて『基板』になります。
ボール盤で部品の取りつけ用の穴をあけていきます。
基板カット用の刃を付けて・・・
生基板完成!!!

開発室トップへ戻る